公式サイト


それでも、復興へむけ村をあげて狼煙をあげる―



東田シネマvol.56は、映画 『 西原村 』を上映します。

07/26(金)10:30/13:00/15:30/18:00
07/27(土)10:30/13:00/15:30/18:00
07/28(日)10:30/13:00/15:30/18:00

08/09(金)18:30 北方シネマ上映会へ!
北方シネマの会場は、小倉北区の北九州市立大学北方キャンパス本館A-101です。

料金:
1000円/予約一般
1200円/当日一般
0500円/大学・高校生
1000円/シニア(60歳以上)
1000円/障害者手帳をお持ちの方

会場:北九州市環境ミュージアム


人生が一変した村人たち 2年の記録。

千年に一度といわれる活断層型地震が2016年4月、村を襲った。

一夜にして1200人が家を失った。

恐怖をのりこえ地元で再建するか、断層から離れた場所へ移り住むか、悩み続けた。

地域や家族の中でも、意見は割れた・・・



ディレクターからのメッセージ

映像ディレクターの久保理茎(くぼ りけい)ともうします。熊本の被災地・西原村へ、宮崎市から妻の実家の軽トラを借りてトコトコ通い撮影をつづけてきました。

あの日、突然住む家を失い、大切な家族を奪われた方々がいます。

住みなれた土地への愛着と、活断層への恐怖とのはざまで、どうやって地域再生へむかっていくのか、苦悩するみなさんの姿から、多くを学んでおります。巨大地震がいつどこで起きてもおかしくない、この国。「わがこと」として胸に刻みながら取材を重ねてきました。


百年後に語り継ぐために、震災の記録映画を作り、被災地「西原村」に譲渡する


震災直後「ドローン撮影」をされた広島大学 貞森拓磨氏(救急医療の専門家)は、当時、村に着くやいなや副村長から熱く熱く「百年後に語り継ぐために 撮ってください!」と要望され、エアショットを2週間撮り続けました。その貴重な記録映像も映画で使わせて頂きました。

再び立ち上がろうとする村のことを、広く知ってもらうために、これから村に生まれてくる子どもたちのために、将来にわたり「自由に」上映会やDVD配布などを行ってもらうことを目的としています。


西原村ってどんなところ?


人口およそ7000人。熊本県西原村(にしはらむら)は、熊本空港のすぐ近くにあり、世界的な観光地・阿蘇の入口に位置し、2015年には「日本一競争力のあるまち(市町村)」として日経新聞で紹介されるなど、日本有数の「元気な村」として知られつつありました。

ところが、2016年4月の激震におそわれ、村の建物の6割近くが「全半壊」。7000人の村民のうち4000人が避難。5人が直接の被害者となり、1200人を超える方々が住む家を失いました(村民の6人にひとり)。2018年初春の時点でも、1100人を超える村人が仮住まいを余儀なくされています。

熊本の小さな村「西原村」で起きたこと、そして今も日々起きている困難は、決してひとごとではありません。千年に一度といわれる大災害でした。通常経験しようがない重い課題に直面し、もがきながら乗り越えようとする村人の姿を見つめること。きっとそれは、観る人を変える力をもつ!と信じます。


「鎖のひとつ」に


そもそも、西原村でカメラを回し始めたのは、2016年の暮れでした。はじめは役場の震災復興推進室(その後「課」に昇格)の職員の方々の協力を得て、撮影を開始しました。そして、布田(ふた)や大切畑(おおおぎりはた)といった、壊滅的被害をうけた地区のみなさんも撮影に協力していただけるようになりました。

みなさんの、ポツリポツリ語ってくださる言葉や、逆に言葉にできない時のシジマには、とにかく何かを伝えたい、知ってもらいたい、という熱い思いがあふれていました。

私が映像の仕事を始めた1991年の雲仙普賢岳の噴火以来、1995年の阪神・淡路大震災、2004年中越など、各地で長年経験したことのなかった異変が起き、2011年の東北、そして2016年熊本とつづいています。列島にすむ、すべての人が当事者となる可能性があるということを、つくづくおもっております。彼我の差をこえて、各被災地への支援の輪をつなげていくための、「鎖のひとつ」に、この作品がなればと願っています。


公式サイトより抜粋


スタッフ

ディレクター:久保理茎
音楽/MA:種子田博邦
ナレーション:菅剛史
題字:松永壮
製作:映画『西原村』プロジェクト/代表 久保理茎

2018/85分/日本/ドキュメンタリー


野越え、山越え、歌い、踊って、薬を売って

滅び行く文化に賭けた青春

歴史の汗が抒情でにじむ


ヴェネチア映画祭 イメージの窓部門正式招待作品
台湾金馬奨映画祭正式招待作品
ウィーン映画祭正式招待作品


東田シネマvol.55は、映画 『 旅するパオジャンフー 』を上映します。

06/28(金)10:30/13:00/15:30/18:00
06/29(土)10:30/13:00/15:30/18:00
06/30(日)10:30/13:00/15:30/18:00

07/05(金)18:30   北方シネマ上映会へ!
北方シネマの会場は、小倉北区の北九州市立大学北方キャンパス本館A-101です。

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方は、1000円です。
会場:北九州市環境ミュージアム

江(かわ)も湖(うみ)も越えていく旅人、パオジャンフー(跑江湖)。

職業として文化としてやがては消えていくと自ら知りながら、不思議な活力に満ちた台湾の香具師(やし)パオジャンフーの魅力に迫る!


台湾の田舎道を、<新威殿>と書かれた古いバンを走らせ、パオジャンフーの葉一座は今日も旅に出る。座長の父がベンチャーズの音楽にのせて披露する火吹き芸が呼び物の一座で、17才の長男アホンが一人前になる事を期待されているが、恋人アレンとじゃれてばかりいる。

次に登場するのは、呉天羅老人。薬箱を肩に、月琴で弾き語る姿に台湾の歴史が滲む。そしてパオジャンフーの来歴を語る曽先生の一座と、蛇使いのアミンの派手なグループ。

どのパオジャンフーも、異様な活気でショーを演じ、薬を売る。そのひとりひとりに深い孤独の影が浮かぶ。やがて青年アホンは、<新威殿>を継ぐ決心をし、パオジャンフーの未来に夢を賭ける。パオジャンフーたちの旅は今日も続く・・・

パオジャンフー(跑江湖)とは?

“世間を渡り歩く”という意味で、現代中国語では、歌って、芸をし、物語を語りながら各地を回る人々のことをさす。多くのパオジャンフーは、一年のうち半年あまりを、車で日帰りできる距離の夜市をまわり、残りは台湾全土を旅して、ショーをしながら薬を売る。薬を売るだけのパオジャンフーもいる。台湾でも最も古い文化を持つ南部の嘉義市に本拠地を置いている。

国際的にも高く評価されている日本映画界の実力派たち!

監督は、人間を常に鋭く、力強く、既成の枠を越えて描き続け、79年に『十九歳の地図』で劇映画デビュー、『さらば愛しき大地』『火まつり』『チャイナシャドー』『愛について、東京』『カミュなんて知らない』と、常に問題作を発表、内外で高く評価されている鬼才、柳町光男。

撮影は、小川プロの伝説的カメラマンであり、ドキュメンタリーと劇映画の枠を自在に越えて数多くの作品を手掛けた世界的に知られる名手、田村正毅。豊かな自然や祭のイメージ、言葉の全てが真実とは限らぬパオジャンフーの姿を、悠然とおさめるカメラワークで全編に巧まぬ詩情をもたらした。柳町作品には3本参加。昨年5月死去。享年79。

音楽は、サックス奏者、作曲家、音楽プロデューサーで、J.S.バッハを独自に解釈した創作活動などで世界的に高い評価を受ける清水靖晃。人懐っこく爽やかなテーマが、ラテン的な気性で知られる台湾人のなかでも、典型的に楽天的なパオジャンフーたちの人生を鮮明に浮き立たせている。

そしてロケは、台湾の古い文化を最も多く留めていると言われ、パオジャンフーが活発に活動している嘉義市近辺を中心に行われた。また台湾での撮影には、映画監督で台北芸術大学の李道明と彼のスタッフが全面的に協力した。

スタッフ

出演:台湾のパオジャンフーの人々

監督:柳町光男
製作:酒井捷八
撮影:田村正毅
音楽:清水靖晃
ライン・プロデューサー:吉増晘造 藤田義則 宮内眞吾
エグゼクティブ・プロデューサー:山田邦男 瀧澤孝司
製作:ソニー株式会社
製作協力:NHKエンタープライズ21/スポニチテレビニュース社/DIMENSHONS COMMUNICATIONS..Ltd(台北)

1995/95分/日本/カラー/ドキュメンタリー

公式サイトFacebook
 

児童減少、複式学級、統廃合・・・

いま年間500校の公立校が廃校に。

子供のいない地域に、未来はない!


東田シネマvol.54は、映画 『 奇跡の小学校の物語 この学校はなくさない! 』を上映します。

05/17(金)10:30/13:00/15:30/18:00
05/18(土)10:30/13:00/15:30/18:00
05/19(日)10:30/13:00/15:30/18:00

06/07(金)18:30 > 北方シネマ上映会へ!
北方シネマの会場は、小倉北区の北九州市立大学北方キャンパス本館A-101です。

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方は、1000円です。
会場:北九州市環境ミュージアム

どうしたら児童を増やせるか?

遠くからでも通いたくなる、魅力のある学校にするには、どうすれば?


地域の魅力を掘り起こす。移住者のための村づくり。高齢者が活躍する給食農園。本物に触れる文化人の授業。様々な奇策で学校を立て直す。

地域住民と学校が一丸となって汗を流し、行政も動いた。

今日本が抱える大きな課題が満載の話題作「奇跡の小学校の物語~この学校はなくさない!」この映画を同じ境遇にいるすべての人が待っている。

ストーリー

平成15年11月、いつも通り穏やかな朝を迎えた古賀志町の住民は、突然の新聞記事で目を覚ました。「5年以内に複式学級を解消しなければ…廃校?」皆一様にショックで固まった。

栃木県宇都宮市。古賀志山の山裾に、城山西(しろやまにし)小学校がある。昭和30年代には180名ほどのにぎわいがあったが、少子化の波に押され急激な児童減少に伴い、平成9年に複式学級となる。

地域のリーダーは、児童の少なさを感じてはいたが、本当に廃校の危機を宣告されるとは思わなかった。丁度その頃、校庭の真ん中にある天然記念物の桜も、学校の後を追うように枯れ始め、あと5年の命と宣告された。

前途多難な状況の中、ひょいと赴任してきた校長先生とその枯れかけた桜が、なんとこの学校の運命を変えた。

この地区は昔から「おらが学校」の絆が太く、地域の結束は固い。「どんな事があっても、この小学校はなくさない」と住民は一つになった。校長は、次々と奇想天外の奇策を打った。宇都宮市内でもあまり知られていない、この35名の小さな学校に、どうしたら通学してもらえるのか。魅力ある学校づくりが始まった。

小規模特認校として再スタート、次第に成果が現れた。そして遂に奇跡が起きた。学校、地域そして行政が成し遂げた「奇跡の小学校の物語」・・・

公式サイトより抜粋

スタッフ

監督・撮影・編集:安孫子亘
ナレーション:ダイアモンド☆ユカイ
プロデューサー:ナオミ

音楽:DAIJI
主題曲:歌/光岡昌美「君の夢をのせて」
題字・デザイン:やまなかももこ
空撮:櫻田修一
編集協力:池内誠
録音協力:本橋大輔
編集スタジオ:会津ジイゴ坂学舎
録音スタジオ:Studio Varbary BEAT CLUB STUDIO
翻訳:シング麻美
製作デスク:塩谷奈津紀
製作協力:有限会社 随想社 (株)サンミュージックプロダクション
写真提供:城山西小学校
参考資料:国際総合企画株式会社
協賛:沖縄自主上映会促進ネットワーク
栃木県北市民ネット映画サークル十人十色
後援: 栃木県 / 宇都宮市 / 宇都宮市教育委員会 / 栃木県連合教育会 / 栃木県教職員協議会 / 栃木県PTA連合会 / 栃木県生活協同組合連合会 / 下野新聞 / とちぎ朝日 / 東京新聞宇都宮支局
制作協力:城山西小学校映画制作実行委員会
企画・製作:ミルインターナショナル  (ミルフィルム

2018/日本/76分
Powered by Blogger.