Twitter

中村医師は人々から信頼され、愛されてきた。


東田シネマvol.64は、映画 『荒野に希望の灯をともす~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~』を上映します。

06/24(金)10:30|13:00|15:00
06/25(土)10:30|13:00|15:00
06/26(日)10:30|13:00|15:00

会場:北九州市環境ミュージアム・ドームシアター

住所:北九州市八幡東区東田2丁目2-6
JR鹿児島本線『スペースワールド駅』下車、徒歩約10分
西鉄バス『イオンモール八幡東』徒歩約5分


料金:ご予約はこちら
1000円/予約一般
1200円/当日一般
0500円/大学・高校生
1000円/シニア(60歳以上)
1000円/障害者手帳をお持ちの方


▼この作品は下の二つの上映会へ続きます

ミクスタドキュメンタリーシネマ <初開催>

07/08(金)〜07/10(日)の三日間
上映時間: ①10:30 ②13:00 ③15:00 ※10日は①のみ
会場:小倉北区浅野3-9-33 ミクニワールドスタジアム内
お問合せ higashidacinema@gmail.com



上津役シネマ

08/07(日)「夏休み親子観賞会」
会場:八幡西区上上津役4-22-2 株式会社ニッサブ2F 夢宙空間ホール
お問合せ:090-8407-9785(山口)

※料金は3会場共通です。


アフガニスタンとパキスタンで35年にわたり、病や戦乱、そして干ばつに 苦しむ人々に寄り添いながら命を救い、生きる手助けをしてきた医師・中村哲。

NGO平和医療団日本(PMS) を率いて、医療支援と用水路の建設を行ってきた。

活動において特筆すべきことは、その長さだけでなく、支援の姿勢がまったくぶ れることなく、一貫していたことだ。一連の活動は世界 から高く評価され、中村医師は人々から信頼され、愛されてきた。

いま、アフガニスタンに建設した用水路群の水が、かつての干ばつの大地を恵み豊かな緑野に変え、65万人の命を支えている。

しかし、2019年12月。用水路建設現場へ向かう途中、中村医師は何者かの凶弾 に倒れた。その突然の死は多くの人々に深い悲しみをもたらした。

だが、一方で 私たちに強く問いかけ もする。 中村医師が命を賭して遺した物は何なのか、その視線の先に目指していたものは何なのか。


朗読:石橋蓮司
語り:中里雅子
監督:谷津賢二
企画:ペシャワール会
制作:日本電波ニュース社
2021年 88分